スキンケアの流れ

 
メイクにまだ慣れていないメイク初心者の方だけでなく、長年メイクをしてきている方でもやりがちな失敗は意外とたくさんあるのですが、そのうち一つが、スキンケア後すぐにメイクを始めてしまうということです。

 
スキンケアの流れは、一般的には化粧水をつけ、美容液をつけ、、乳液で蓋をするという順番で行いますね。
そしてそのあとすぐにベースメイクを始めてしまう方が本当に多いのですが、これをやってしまうと実はすぐにメイクがよれて汚くハゲてしまうんですよ。

 
なぜかというと、スキンケアが肌にしっかり馴染む前にベースメイクを開始しているので、乳液や美容液がベースメイクを弾いてしまったり、混ざってしまったりするんです。
メイク前のケアは肌をメイクしやすいようにしっかり保湿して整えるという役割なのですね。

 

しかし、しっかり馴染んでいないと保湿もできていませんし、ベースメイクの邪魔になるだけなんです。
出勤前など時間がないときは、すぐにメイクをしたい気持ちはよく分かりますが、メイク崩れをしたくなければ、やはり時間を置いてからメイクを開始するべきでしょう。

 

どうしても時間の余裕がないという場合は、乳液の後にドライヤーの冷風を顔に当ててからメイクを開始すると、そんなに時間を置かなくても崩れにくくなりますよ。

ウェディング02